テラオグループが取り組むSDGs

世界中に安全な水と
きれいなトイレを

テラオがSDGsに取り組む想い

世界の水と衛生課題の解決に向けて

2015年時点で、全世界の推定6億6300万人の人々が改善された水源を利用することが未だに出来ずにいます。24億人の人々が衛生的なトイレを利用することができずにおり、その内9億4600万人は屋外での排泄を続けています。
清潔な水や衛生設備の不足から引き起こされる病気(下痢やコレラなど)によって、毎日5歳以下の子供800人が亡くなっています。今この瞬間にも、幼い子供たちが本来防げるはずの病気で死んでいっているかもしれない。「蛇口をひねれば、そのまま飲める綺麗な水が出る」「レバーを引けば、排泄物は一瞬で目の前から消え去り適切に処理がされる」日本では当たり前のこの事実は、発展途上国の現状から考えれば信じられないような話です。日本の当たり前と世界の現状に目を向け、貧困国の人たちにも最低限人間として生命の危機のない生活環境が実現できるよう支援をするとともに、生まれながらに貧しい地域に暮らす人々との格差の解消に、私たちはNational Pride Projectを通じて微力ながらも貢献したいと考えています。

National Pride Projectとは

National Pride Project
National Prideとは自分たちの手で上下水のインフラを整備して国づくりに貢献する事です。弊社はアジア各国の水不足を解消するために誰もが安全な水にアクセスできるよう一方的な支援ではなく、現地の自立を伴う形で事業を行っていきます。例えばカンボジア王国プレアビフィア州にて食用淡水魚の養殖事業を行っていますが、目的はそれ自体ではなく、養殖事業であげた収益を原資にプレアビフィアの上下水インフラ整備を行うためであります。現地法人を設立し、現地の人たちへの技術支援や衛生教育も含めてカンボジア人による産業とまちの自立化を支援していくプロジェクトを立上げ、実行しています。主役は現地の人々。自国のインフラを自分たちで築き上げ、国づくりに貢献して欲しいとの思いからプロジェクト名は「National Pride」、祖国の誇りにしています。

現在進行中のNational Pride Project

社会起業家を育成する

National Pride Projectを加速させる

テラオライテックでは、より多くの国で支援を行うために社会起業家の育成に取り組んでいます
TERAO LITECH (CAMBODIA) CO.,LTDのように「National Pride Cambodia」をロールモデルとしたビジネスサイクルを多国間展開し、支援対象国ごとに現地法人を設立を目指しています。対象国内の他地域展開は直営もしくはFC化し事業の発展を加速させていきます。対象国は水の課題を抱える地域、主にアジア、アフリカです。

テラオライテックのSDGsの
取り組みについて

カンボジアに縁の深いアンジェリーナジョリー
カンボジアの繁華街にある「RED PIANO」は、アンジェリーナジョリーが撮影時に常連だったお店です。
そこで考案したとされる「トゥームレイダー」というカクテルです。売上金の一部は寄付に回されています。さすがアンジー!

SDGsへの協働

一緒にNational Pride Projectに
参加してみませんか?

私たちとともにNational Pride Projectに参加してSDGsが目指す未来を一緒に作ってみませんか?

SDGs宣言

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。