National Pride Project

National Pride Project

National Pride Projectとは

Purpose
世界中の誰もが安全な飲み水とトイレにアクセスできるようにする。
Mission
日本の技術と自立支援の仕組みをもって世界の水問題の解決にあたり、対象国民の自立を促し、National Prideを確立する。
Vision
高度な衛生分野の技術者を育成し、支援対象国の水と衛生に関わる課題解決と経済発展の両立できる仕組みを創造する。

現在進行中のNational Pride Project

世界の水と衛生課題の解決に向けて

私たちのSDGsビジネスモデル「National Pride」Cambodia、世間の注目を集めているのは自社の利益を後回しにした利他の精神で対象国の水問題の解決とともに経済発展をもたらす事業サイクルと、最終的に本業で利益を獲得するというボランティアではなくしっかりビジネスとして成り立たせているというところがポイントです。もともとSDGsのロールモデル作りとして始めたプロジェクトですが、カンボジアの対象地域に関わる中で見えてきたことは水の問題はすでに無いということ。無いというのは現時点で安全な飲み水が先進国からの支援という形でカバーされている状態で、自分たちは貧しい、水が欲しいと世界に発信することで安全な飲み水を簡単に手に入れることができています。この現状は素晴らしい事ですが、この状態が本当にこれからも続くのでしょうか。もし支援国や団体が何らかの事情でその支援を打ち切ったら?その可能性はゼロではないですし、支援者も100%ボランティアで義務ではないため、むしろそうなる可能性は非常に高いと考えます。10年も20年も続くような人々の善意はなかなか存在しないかも知れません。そして、本当の問題は支援慣れしてしまった彼らが自らの力で現状を打開しようという「自立化」への意志を奪われていく事、完全に支援に依存してしまっている事です。世界の貧しい国々が自分たちの力で水の問題や貧困から脱却できるよう、カンボジアの実績を一つの成功モデルとして他地域、他国にも水平展開していきたいと考えています。水や衛生の課題の形は様々ですが、私たちがハブとなり専門の企業やNGOと協力することでNational Prideのスキームを基本とした、その地域にあったモデルを構築し、世界の水問題を解決に導いていきます。

プロジェクトへの参画

起業家育成プロジェクトと支援という参加

テラオライテックでは、より多くの国で支援を行うために社会起業家の育成に取り組んでいます。また多くの方に賛同していただき、このプロジェクトを加速させていくために、支援という参加もお待ちしております。
私たちとともにNational Pride Projectに参加してSDGsが目指す未来を一緒に作ってみませんか?